正しい脚やせの為にむくみを改善

正しい脚やせの為にむくみを改善

足のむくみというのは、脚やせを求めている人、また今現在している人に共通している悩みとなります。
「そういえば、私はむくみやすい体質かも」と思った人は、マッサージを実施することで足やせ効果が倍増することもあるのです。

 

血流やリンパの流れが悪化してしまい、脚のむくみが出来てしまっている時には、余分な脂肪や老廃物がぎっしりと溜まってしまってしまっている状態となります。
また、女性ホルモンも大きく関係していることがあり、水分が溜まりやすい状態となっていることもあるのです。。
多くの女性はエステを利用することによって、自分が求めている最高のスタイルを実現されています。
エステについて抵抗を持っている女性も多いですが、実際に利用してみれば「もっと早く来れば良かった」と思うことでしょう。 セルライトがむくみを長期間放っておいてしまうことで出てきてしまい、凹凸が表面に現れてしまうこともあります。
このセルライトが出来てしまうと脚やせがさらに難しくなるので注意をするようにしてください。



正しい脚やせの為にむくみを改善ブログ:17-10-26

グッドイブニング^^

腹式呼吸が健康にいいという話はよく聞きますよね。

減量にいいという柔軟運動やペルヴィスダンスも、
基本は腹式呼吸をすることから始まります。

腹式呼吸とは、
お腹の横隔膜を下げることによって息を吸い込んで、
逆に押し上げることで息を吐き出す呼吸法です。

これをすることによって、
内臓の血行が良くなっていったり、
大胸筋や腹筋が鍛えられて、基礎代謝量アップにもつながるそうです。

腹式呼吸の方法は簡単!
まずは息を全部吐き出します。
次に、鼻からゆっくり吸って、
この時お腹もいっしょに膨らむようにします。

ちょうど、お腹に風船があって
その風船を膨らませるようなイメージをすると良いかもしれませんね。

めいっぱい吸ったら、
今度はお腹をへこませながら、ゆっくり息を吐き出します。
お腹の風船をしぼませるようなイメージです。

肩で呼吸をするのではなく、
お腹で呼吸をするというのがポイントですね。

おいらたちは、横になっている時やイスに座っている時、
自然と腹式呼吸をしています。

一度、仰向けに寝転んで呼吸をしてみてください。
呼吸に合わせて、お腹が膨らんだり、へこんだりしていませんか?

普段の生活から腹式呼吸を取り入れるのは難しくても、
ふと思いついた時に、
10〜20回ぐらい腹式呼吸でゆっくりと深呼吸してみるといいでしょう。

おいらたち人間は、1日で26,000回も呼吸しているそうですから、
ちょっとしたことでも、
積み重ねれば減量にはもちろん、
健康面でもいい効果が期待できるでしょう。

腹式呼吸をやれば、絶対やせるということではありませんが、
減量効果をサポートするという意味で、
呼吸に気をつけてみるのもいいと思います。

明日はいい日かな〜

ホーム サイトマップ