正しい脚やせの為にむくみを改善

正しい脚やせの為にむくみを改善

足のむくみというのは、脚やせを求めている人、また今現在している人に共通している悩みとなります。
「そういえば、私はむくみやすい体質かも」と思った人は、マッサージを実施することで足やせ効果が倍増することもあるのです。

 

血流やリンパの流れが悪化してしまい、脚のむくみが出来てしまっている時には、余分な脂肪や老廃物がぎっしりと溜まってしまってしまっている状態となります。
また、女性ホルモンも大きく関係していることがあり、水分が溜まりやすい状態となっていることもあるのです。。
多くの女性はエステを利用することによって、自分が求めている最高のスタイルを実現されています。
エステについて抵抗を持っている女性も多いですが、実際に利用してみれば「もっと早く来れば良かった」と思うことでしょう。 セルライトがむくみを長期間放っておいてしまうことで出てきてしまい、凹凸が表面に現れてしまうこともあります。
このセルライトが出来てしまうと脚やせがさらに難しくなるので注意をするようにしてください。



正しい脚やせの為にむくみを改善ブログ:17-7-07

ぼくたちの体には、
無意識のうちに体温を調節したり、
食べたものを消化を促進したりする自律神経というのが
あるそうなんですが…

自律神経には
交感神経と副交感神経の2つがあるんですって!

交感神経は、お昼、活発に活動し、
脂肪を分解しエネルギーとして消費させる働きがあって、

副交感神経は、20時、主に休息しているときに働き、
栄養を吸収し蓄積させる働きがあるそうなんです。

だから、ダイエットのことを考えると…
お昼、交感神経をいかに効率よく働かせて、
脂肪を燃やすかということが大切なんですよね!

でも、ぼくたちの生活はストレスや体操不足で
自律神経のバランスが乱れやすく、
お昼も交感神経の働きが鈍く、
エネルギーを消費しにくくなってるんですよ。

交感神経と副交感神経のバランスが正しく働くためには
規則正しい生活と適度な体操が大切!

朝は、副交感神経から交感神経へスイッチする時。
朝食をしっかり食べて、交感神経を目覚めさせ、
効率よく体脂肪を燃やせるように信号を送りましょう
脳の働きを高める糖質を摂取することは、とても大切です。

お昼は、
交感神経が活発に活動している時ですから、
忙しい方も簡単にすませずに、
多少しっかり食べても大丈夫!
ダイエット的には、
一番エネルギーを消費しやすい時間帯であるお昼食に、
一日のメインを持ってくるのがベスト!

夕方食が一日のうちで一番ヘビーだと、
夕方食後やがて副交感神経が活発になりはじめ、
脂肪を溜め込む働きをしますので
多く食べた分、それだけ太りやすくなります。

夕方食はなるべく脂っこいものや脂肪を控え、
あっさりした軽めの方が消化にもよく、
ダイエット的にもいいでしょう!


ホーム サイトマップ